ディズニーアニメ映画

美女と野獣の感想文

更新日:

ディズニー映画の中で一番好きな作品です。原作も大好きでしたが、アニメになると想像を上回る面白さと感動がありました。周りから恐れられ、一人ぼっちだった野獣は、自分自身が嫌になります。主人公も最初は野獣に対して怖がっていました。しかし少しずつ彼の優しさにふれ、彼女の気持ちも変わってきました。また、彼も彼女の優しさや、自分を怖がっていないということがわかり、心を開いて行きます。
それでも自信のない彼はネガティブで否定的なままでした。
この映画では、「人は見た目じゃないんだよ」「膚の色や質がちがうだけで差別的判断はしたらいけないよ」ということをつたえているのかと思います。そして心を見る大切さを教えてくれます。

 

この映画を見終わって、天邪鬼的に映画のストーリーと言いたかった事を類推すると、人は見た目ではなく心という事だとは一般論的に当てはまりそうですが、結局野獣の怖い見た目でも受け入れる気持ちになって、その力によって野獣にされてしまった男性が、元のハンサムな男に魔法が解けて戻れ、そして男女の本当の恋人となる結果でしたが、むむっ?結局は野獣のままではなく、結局はハンサムな男性とと美しい女性が結ばれてハッピーエンドになるお話なのでは?と今になって改めて思います。生まれながらにしてこの世の中では美形と普通と少し体裁が一般的によろしくない人種がいますが、野獣にあたる体裁で産まれて育った実物世界の男性は、整形でもしない限り、いわば野獣のまま死を迎える訳です。この映画、野獣のままでいいんだよ!という物ではなく、結局素敵な人を恋人や結婚相手にすのか...という感想をもちました。でも野獣が好きな人もいるから、世の中うまく行ってる事もありますし、皆さんハッピーなのかもしれませんね!

 

大人になってから大好きになった作品です。

魔女に野獣に変えられてしまい、人間に対してすっかり心を閉ざしてしまった野獣をベルと日々を過ごすなかで徐々に心を開いていく過程が暖かく微笑ましく感じます。

とくに印象に残っているのはやっぱり野獣とベルが舞踏会で2人で踊っているシーンです。ベルの着ている黄色のドレスが可愛くて大好きです。

ベルが戻ってくる保証もないまま自分が人に戻れるかもしれないチャンスを逃してしまうかもしれないのに、ベルに魔法の鏡を渡して逃がしてしまう野獣の優しさがとても切なく感じました。

最後にはお城にかけられた魔法がとけ、野獣もお城の仲間たちもみんな人にもどれハッピーエンドで2人が幸せそうに踊っているシーンで終わるところも大好きです。

 

今のディズニー映画をはじめとしたほとんどのアニメ映画はCG化されてしまいましたが、アニメ「美女と野獣」はまだ紙に描いていた時代です。
それなのに、なんでこんなにしなやかな動きができるのだろうと、今見ても思うほどです。
リアルな人間の動きに近い映像が見られるからこそ、ベルと野獣がダンスをするメインのシーンも、非常に美しくて見ごたえがありました。
特に好きなシーンは、ベルもちょっと野獣のことが気になりだし、野獣から誘われたディナーに黄色いドレスで登場してきた時には涙が出るほど感動しました(そうなることはわかっていたのに)。
光の加減やテーマ曲である「美女と野獣」の効果もばっちりで、ディズニー映画の中で1番好きなシーンです。

 

美女と野獣では、ベルと野獣がいっしょに食事をするシーンです。最初はがつがつ食べていた野獣が、
少しずつベルと打ち解けていくのと同時に、首にエプロン巻いたり、ちゃんとナイフやフォークを使うようになったり
野獣から人になっていくのが好きです。そして、1番目を引くのは、ドレスを着たベルと野獣がダンスをするシーンです。
あのシーンだけで、ご飯三杯いけます。それくらいうっとりします。ポット夫人が歌う歌も、ゆったりとして優雅で、
ディズニーで流れる曲は毎回歌詞も素敵です。あとは、綺麗なシャンデリア、2人だけの空気、ディナーの雰囲気。
そういった細かいアイテムや世界観がまた美しいと思う作品です。何度見ても飽きないです。

 

私はディズニーアニメーションのプリンセスの作品で美女と野獣が一番好きです。それは、お城に住むキャラクターがお城の中のお皿や時計、たんす、燭台などの物に似せてとても可愛らしく描かれている点や、最後までドキドキするストーリーの流れ、アニメーションとは思えない映像の奇麗さが、何回見ても飽きないからです。私はベルの性格、人物に強く憧れています。それは、いつも本ばかり読んでいる変わった娘だと街のみんなから言われても気にせず、家族を大切にし、野獣という見た目でも本当の心の美しい部分をしっかり見極めることができ、それを周りからのバッシングや流れに惑わされることなく、野獣を愛することができる人だからです。美女と野獣は、大人になった今、自分はどうか、周りばかり気にして本当の大切なものを見失っていないかと改めて考えさせられる作品だと思います。

 

読書好きで父親思いのベルが、ある日父親を捜し森で野獣の館へ入り、父親の代わりに人質になるというお話で始まります。お屋敷に住む家具やロウソク、時計たちは、全員魔法にかけられてしまった人間。その家具たちに導かれて、野獣と徐々に距離を縮めていきます。野獣は恐ろしいしプライドが高いし、私なら絶対好きに離れないタイプでしたが…ベルは野獣の心が優しいのだと気付いて恋に落ちます。恋に落ちるまでの過程で、野獣の戸惑いやプライドを曲げることがとても可愛らしく感じて、私も好感を持ちました。強くて優しい男です。ベルを自分のものにしたいと思っている街の男が野獣を殺しに来るのですが、野獣はベルを守るためにその男に刺されてしまいます。最終的に野獣はベルの愛によって魔法が解け、素敵な男性になり生き返ります。これぞ物語という感じで、大好きなお話です。

 

「美女と野獣」は何と言っても歌が素晴らしいと思いました。英語版も日本語版も声の人と登場人物があっているし歌声がとにかく良くてとても耳に心地よかったです。個人的にはベルもキレイな歌声が気持ちよくて朝の風景の歌がリズムが良くて好きですがガストンの低いセクシーな声やルミエールエンターテイナー的な言い回しの晩餐会の楽しい歌も好きでした。ミュージカルの歌はどれも耳に残りやすくて素晴らしいです。
もちろんストーリーも良かったです。子供から大人まで楽しめるだけでなく成長してからもう一度見返したときがまた楽しいです。小さいときは可愛いプリンセスを中心に見ていますがおとなになるに連れ周りのキャラクターたちのことも理解できてラブストーリーの要素の部分も改めて理解できて改めて面白かったと感じました。

 

ディズニーアニメということでミュージカル調で話が進められます。主人公のベルと野獣の恋物語。はじめは野獣の横柄な態度に幻滅し、嫌いだったらベルですが、段々と野獣の優しさに気づき始め惹かれあっていきます。しかし野獣は自分が野獣であることに対してコンプレックスをもっています。そのためベルを自分の元に置いておくことはベルにとって良いことなのだろうか。父親のもとに返した方が良いのではないかと考え始めます。そしてベルを返します。
そこにガストンが攻めてくる。という感じで話が進みます。これだけ聞くと悲しい話に聞こえますが映画はとてもポップに描かれているので軽くみれます。また野獣とベルのダンスシーンの映像はとても綺麗で見応えがあります。

 

 

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.