ディズニーアニメ映画

シュガー・ラッシュ:オンラインの感想文

更新日:

『シュガー・ラッシュ:オンライン』の魅力は、現在私たちを取り巻くSNS社会を鮮やかに描いた鮮烈なインターネット世界のビジュアルである。特に、インターネット内広告の描き方などを若干ブラックではあるがユーモアたっぷりの憎めない存在として描いてるのが、この作品の全体に漂うキュートで優しい世界観に結びついていると感じた。インターネットの世界で朗らかに談笑するディズニープリンセンス等この作品でしか見られないようなサービスシーンも必見だろう。
また、この作品で衝撃的なのは何よりもラルフとヴァネロペがある決断を下すラストの展開だ。
大切な人と別れなくてはならないという、子供向けアニメとしてはビターではあるが誰の人生でも経験し得る事柄を
しっかりとポジティブな展開として描いた結末は革新的だと感じた。

 

この映画にはとにかく人気のディズニーキャラクターがこれでもか!という位たくさん登場します。ディズニーの映画が大好きな方にはとてもお勧めしたい映画です。ストーリーは前作「シュガー・ラッシュ」の主人公であるラルフとヴァネロペのゲームセンターでの生活がベースになっています。物語のあと、二人はお互いのゲームを行き来し、楽しい生活を送っていますがゲームセンターの老朽化や集客減という現実に直面してしまいます。そんな中インターネットの世界に興味をもち、ルーターを介して二人が飛び出した事で物語が壮大になっていきます。2人が体験するそれぞれの冒険が進むのですが、特に印象深かったのは映画の中で動画配信コンテンツをキーポイントとして活用していた事です。現代社会において触れざるを得ない題材なのですが、物語を進める上でのキーポイントとして使われていた事が印象的でした。また、ピクサーやマーベルのキャラクターもふんだんに登場させていて、ディズニーという会社の大きさを改めて感じました。絢爛豪華といっても過言ではないプリンセスたちの競演もシュガーラッシュのゲームキャラクターの世界だからこそという気がしました。映画館で見ると画面が常にキャラクターであふれていて上映時間中目が何個あっても足りないと感じました。テレビで見ても次々とキャラクターを見つける事が出来るので何回観ても楽しく飽きない作りになっていると感じました。大人も子供もぜひ一度は見て欲しい映画です。

 

前作も観ましたが、正直そこまで魅かれるストーリーではなかったため、今回もそれほど期待していませんでした。事前知識が全く無いまま観ましたが、それがかえって良かったようで、想像以上に楽しむことができました。
インターネット上の世界をあんな風に作れるなんて、ああいう想像力を持ってみたいです。お馴染みのSNSのアイコンもたくさん出てきて、映画館のスクリーンで宝探しをするみたいでした。
お気に入りのシーンはディズニーのプリンセスが大集合するシーンとヴェネロペとシャンクが勝負するシーン。若干キャラが違うな、と思うプリンセスがいたのも事実ですが、豪華すぎてそのシーンは今でもYouTubeなどで観返してしまいます。
ストーリー的には最後はハッピーエンドなのかな?と少し思うところもありますが、ヴァネロペもラルフもそれぞれが幸せな人生を歩んで行ってくれたらいいなと思いました。

 

シュガーラッシュ二作目と言うことで、前作の映画がとても面白かった分とても期待していました。結果から言うと前作を超えるぐらい面白かったです!私たちが普段生活していて利用している身近なアプリやサイトがでてきて、ラルフが動画サイトでバズったり演出が親近感が湧くようなものでとても面白かったです。また、歴代のディズニープリンセスがみんなでできた時には驚きました! ヴァネロぺも一応プリンセスなのに自分だけ歌がないことに悩んだりする姿はとても愛らしかったです。そのほかにも、マーベルのキャラクターやスターウォーズなどのキャラクターが出てきて全体的に前回より豪華だなと感じました。ネット好きディズニー好きにはもってこいの映画だと思います

 

広告(CM)を見てからものすごく楽しみにしており、半ば強引に旦那を連れて映画館に行って観賞しました。このシューガーラッシュの映画のポスターも素晴らしく今作の主役がヴァネロペ、ラルフの二人だということが一目でわかりました。少しネタバレしてしまうのですが、この映画に引き込まれた一つの理由は「世界観が凄すぎる」ということです。凄すぎるというのは映像はもちろんのこと、今現在のSNSやゲーム、アプリなど忠実に再現されており、映画を見ながら「あーこれ知ってる」「これも知ってる」など言い合いました。笑 我ながら子供みたいに。二つ目は主人公ヴァネロペの前向きでちょっと頑固なところです。どんな時も一緒にいたラルフと離れ、自分のやりたいことを追求していく、このようにお互いの目的が異なっても認め合うことで一緒にいられる。そんな彼女達の姿に涙を浮かべました。ディズニーピクサーの映画はほんとに笑あり、涙ありの全世代に愛されている映画だと思います。

 

離れ離れになっても関係は崩れないという素敵な友情の物語。
従来のディズニー映画のプリンセスのような展開はないからこそ、大人も子供も楽しめる映画だと思う。
また、公開時のコマーシャルでも見かけたように歴代のディスニープリンセスたちが登場し、見慣れたドレス姿の他に部屋着のようなカジュアルスタイルもお目にかかれるのでそこも魅力の一つ。
シュガーラッシュでおなじみのヴァネロペのライバルたちの最初と最後のシーンの変わり具合にも驚き、彼女たちを躾けたフィックス、カルホーン夫妻も相変わらず仲睦まじく微笑ましいシーンもある。
個人的に一番の見所はエンディング後のパンケーキとミルクシェイクをそれぞれの動物に与えるゲームでのシーンだ。
ラルフが乱入しひたすらパンケーキをウサギに食べさせ続けるのだが、衝撃のラストを迎えることに、、
ストーリーを通して、ヴァネロペとラルフのそれぞれの心情や選択に共感できる部分が多いので見応えのある映画だ

 

この映画の主人公である、ラルフとヴァネロペの互いが互いを信頼し合っているところが大好きです。ラルフがヴァネロペのゲーム機械のハンドルを買う為に、自分の体を使ってまで人気動画を作りお金を稼いでいくところで、本当に彼は彼女のことが大好きで大切に思っているんだと感動しました。それがあるからこそ、ヴァネロペがレーシングのオンラインゲームに興味を惹かれ自分の本当にしたい事、居たい場所を見つけ、その結果彼とのすれ違いが生じてしまうところは胸が痛みました。結果的に2人が互いの思っている事をしっかりと伝え、違う場所にいても彼らは友人でありその友情が永遠である幸せな物語でした。悩むこと、弱いところは誰にでもあり、それを互いが見つめ合うことで乗り越えていく、とても素敵なお話でした。

 

ヴァネロペとラルフが壊れたシュガーラッシュ(ゲーム)のハンドルを求めて、インターネットの世界に行くお話。
ネット世界の特徴を上手くアニメーションにしてあり、実際の企業のロゴも出てたりして楽しめました。

ヴァネロペめっちゃ可愛い!
シャンクかっこいい!
ディズニープリンセスも大集合で最高!

ただ途中までは面白かったのですが、後半のウイルスラルフがかなり気持ち悪かったです。
ディズニー史上稀に見る気持ち悪さ。

友達のことが本当に大切なら相手の気持ちを尊重してあげよう!っていうテーマは分かるんですが、もっと他に描き方なかったのかなーという感じ。

ということで、話は面白かったけどウイルスラルフの気持ち悪さで評価が少し下がりました。

普通のラルフは好きですけどね。

 

ゲームセンターの営業が終わるとレーシングゲームでヴァネロペとラルフは待ち合わせをして夜通し遊んでいて、前作で親友になったふたりが今でも仲良しで、より親しくなっているのが会話からも伝わってきて嬉しくなりました。ゲームの世界にも「Wi-Fi」が導入されて新しいものに戸惑うゲームキャラクターの中でも2人は好奇心旺盛で、これはわたしたち人間の世界でも世代によっても、経験によっても見られる心の動きで面白い描写だと思いました。ヴァネロペのために新しいコースを力づくで作ったラルフ、遊びに来た子どもたちがさっそくレースゲームで遊んでいるとバグのようになってしまい回避するためにハンドルを強く握ったせいで折れてしまい…生産が終了してしまっているので直すこともできず途方にくれていました。学生時代、ゲームセンターで新しい機械が入荷されるたびに喜んでいたけど、ゲームの中のキャラクターに心があったらこんな感じなのかなと子どもでも想像しやすい描写もありました。EーBAYに行けばハンドルを取り戻せると思い、ヴァネロペとラルフはWi-Fiからネット社会へと入って行き、LINE、楽天など見覚えのある会社がたくさん立ち並ぶ中を冒険して行く姿も現生と共通している部分が多々垣間見られて面白かったです。ハンドルの金額に驚愕しながらもお金を稼ごうと力を合わせる2人の姿を見守っているとハラハラ…ずるがしこいやつに騙されてしまったり、BUZZTUBEに映像を投稿して人気者になったり、歴代のプリンセスに話をしに行ったり…シャンクを尊敬して慕っているヴァネロペを見てラルフが嫉妬をしたり。人気者になりたくてズルをしようとしたり、ウイルスが拡散されて大問題になったりと問題が次々と起こり、最後までドキドキが止まらずあっという間のエンディングでした。友達を信じること、尊重すること、違う場所にいても心は繋がっているということを伝えてくれる映画でした。

 

いつも一緒にいるだけが友達じゃない、友達との距離というものを考えさせられました。
友達だから一緒にいたい、ラルフの思いもとてもよくわかります。けれど、今の自分の状況を変えたい、いろんな世界を見たいというヴァネロペの思いもすごくわかる!
みているこちらとしては二人がどんな決断をするのかも注目して観ていました。
ラルフの分身たちが増えていくさまはなかなかホラーな場面ではありましたね。ゾンビ映画を彷彿とさせました!
やっぱりここ!というシーンはプリンセスたちの共演でしょうか。たくましい彼女たちを観れたのは満足度の高さのひとつです。
ラルフたちを助けてくれるSNSの女性の存在にもぜひ注目してもらいたいです。こんな姉貴分が近くにいたら頼りになります。

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.