ディズニーアニメ映画

ズートピアの感想文

更新日:

ウサギのジュディ・ホップスが警察官になり都会に引っ越して奮闘するという内容なのですが、どのキャラクターもかわいらしく、世界観が好きでした。キツネのニック・ワイルドとコンビを組み、問題に立ち向かうのですが、ウサギとキツネというあまり強くなさそうな動物が奮闘するという点に斬新さを感じました。警察も実際大きくて強い動物ばかりで、人間の格差社会を暗に表している気さえしました。大きなストーリーは段々、問題の真相に近づいていくという流れですが、途中で出会うナマケモノのシーン等はさすがディズニーらしい気の抜かせ方だと感じました。ズートピアの細かな表現や人間そのものと変わらない生活をする動物たちに自然と感情移入できる作品でした。

 

キャラクターたちに、動物それぞれの個性が活かされていて面白かったです。また、その個性は我々人間の個性を誇張したものにも感じ、意外にも共感できるシーンが多く、どんどん作品にのめり込んでいきました。自分が元々、刑事もの、特にバディものの作品が好きだったこともあり、この作品は本当に面白かったです。「凸凹コンビ」の体現ともいうべき、ジュディとニックの関係性が私のツボを突きました。体格差、「警察官と詐欺師」という性質の真逆さ、さらに、そもそも「草食動物と肉食動物」という大きな差異がある、そんな二人が様々な困難を越えて「相棒」と呼べるような関係に成長していく様に心打たれました。ズートピアは個人的に、ディズニー映画の中で一番好きな作品になりました。

 

ニックがとにかく、格好いいです。
子供の頃に警察官になりたいと言って「キツネは悪いヤツだから警察官になんてなれない」と虐められて、ずる賢く生きることを選んだニックが、弱くて警察官なんて無理と言われたウサギのジュディと出会って、ジュディが無茶ばかりするのを見て思わず助けてしまい、事件を解決!!
と思いきや、ジュディの肉食獣を差別するような発言に酷く傷ついてしまい、ジュディと距離を置いてしまったり、ジュディはジュディでニックを傷つけたことに凹んでしまいます。
ジュディは反省してニックに謝りに行くのですが、そのときのニックの対応が「ヤンチャな人の優しさ」で溢れていて、一番キュンとするシーンです。
最後の最後に黒幕をあぶり出す展開は、アニメとは思えない臨場感で、凄く良くできたサスペンスです。
ズートピアを見てから、ヒツジを見る目が変わりました!!
大人も子供も楽しめるズートピアは、ディズニーアニメの真骨頂かなと思います。

 

アメリカに住んでいるので、このドラマのDMV(アメリカの免許センターのようなもの)でのシーンがすごく皮肉っていて、何度も見ても大爆笑してしまいます。
ズートピアの世界では、DMVを担当するのがナマケモノ。
そのため、すべてのやり取りがスロー。
まさにこれが皮肉で、DMVはいつ行っても大混雑で、アポがあってもなくてもかなり待たされるため、バニーがDMVの係員であるナマケモノのものすごい遅い対応にイライラしている所は、「わかる!」と、アメリカに住む人は誰もが思ったはずです。
また、バニーがズートピアにやってきた時に映る近代的なズートピアの街並みもディズニーらしい表現と、画期的な街並みも素晴らしいなと感じる作品でした。

 

ディズニー映画の中でも最もお勧めしたい作品の一つ、ズートピア。見どころはなんといっても、ウサギのジュディとキツネのニックがコンビを組んで、草食動物と肉食動物との間にある確執を解決していくところです。
「ズートピア」は草食動物と肉食動物とがその垣根を越えて共存し、「誰でもなんにでもなれる」という楽園です。
まっすぐなジュディは幼いころから警察官を夢見る勇敢なウサギ。両親は「危ないから」と、周りの動物からは「ウサギが警察官にはなれっこない」とバカにされたりしますが、ブレない強い心で警察官という夢を掴みます。
自分は公平で分け隔てなくどんな動物とも向き合えると自負するジュディですが、ある事件をきっかけに、心の中に「肉食動物は狂暴」という意識があることをキツネのニックに見透かされ、2人の絆が揺らぎ始めます。一方で、詐欺師のキツネ・ニックも自分の心に「キツネとして生きる」運命にトラウマがあり、ジュディとの出会いによってそれを乗り越えていく、という変化が起こります。最終的には2人がタッグを組んで動物界の問題の核心に迫っていくという、友情・人生・ドキドキする展開が満載の作品です。
すべてのキャラクターに素晴らしい個性が吹き込まれていて、各々の動物の特徴が見事に描かれています。また、動物界の話でありながら、「こういう人いるなあ」と人間界にも容易に置き換えられるキャラクターばかりで、社会がすべての生き物から成り立ることも改めて感じ取れます。登場人物の泥臭さ、不器用さ、そしてそれを超えていく絆の温かさに心がギュッとする映画です。

 

「自分は偏見がない」と思っている人ほど、偏見や思い込みがあると、私は思います。むしろ自覚がない分、厄介だと言えます。何に対しても完全に偏見がない人などいないでしょうから、自身の偏見をなくすためには「自分には考え方の偏りや、思い込みがある」と自覚することから始まるのでしょう。
私がズートピアのストーリーで最も印象に残っているシーンは、主人公ジュディの深層心理にある「肉食動物への差別」がニックに暴かれ、決別するものの、仲直りし、最後には黒幕を暴くシーンです。また、その一連の中でニックも諦めていた「努力すればできないことはない」という考えを改め、最後には詐欺師から夢の正義の味方・警察官になるシーンもとても印象的です。
ジュディとニック、二人は出会いこそ最悪ですが、お互いを通して人として(動物として?)一歩前へ、成長したのです。

 

この映画を見た後でまず思った、強い弱いは見た目じゃない。その固定概念は心で動くという事です。
ウサギは小さいから弱い。
ライオンは大きいから強い。
キツネは化けるから嘘つきだ。
これはイメージに過ぎません。
確かに力の弱い強いは大きさに比例するかもしれません。しかし、悪に屈しない強さは、騙されない心の強さは、仲間を守りたいと思う心の強さは決して体の大きさだけではありません。
そんな人がもつ動物の従来のイメージから入り、キツネはいじめられた過去をトラウマに持っていたが、ウサギと行動を共にしその強さを見て最後は正義の警察官に、ウサギは他の大きな動物警察官がいる中立派な警察官として表彰されました。
見た目で決めつけてはいけない。
人を裏切る事、いじめられる事がどれだ悲しい事かを教えてくれる映画です。

 

ズートピアは対比がわかりやすい映画だと思います。
小さな動物と大きな動物、肉食と草食、都会と田舎、疑うもの信じるもの。
そんな正反対のものがとてもわかりやすく対比されて、考えさせられる映画でした。
うさぎだから警察官にはなれないよって言われても決して諦めないジュディの真っ直ぐさ、
勇敢さに目が離せませんでした。きつねだから嘘をつくだとか、狼だから悪いことをしただとか
そんなふうに決めつけてはいけないんだってことを、なんとなく言葉ではなく視覚的にも学べるので、
子供はもちろんですが、大人にこそ観て欲しいと思える作品でした。
田舎から都会へ向かうシーンもすごくわかりやすい対比でした。
なーんにもない畑シーンから、お店も建物も人も溢れる都会に向かう感じは
日本っぽい感じがします。

 

田舎のウサギのジュディが警察官になるべくズートピアという街に出てくるお話です。誰もがウサギが警察官になることをバカにしているようでした。ある事件を解決して警察官だと認めてもらうために、キツネのニックと手を組んでいくというお話でした。もともとキツネを恐れているウサギのジュディが、勇気をもって挑んでいくお話です。最終的にニックと手を取り事件を解決していくんですが、私が一番好きなシーンは、優越感からニックに嫌われてしまったジュディを、許してまた協力して事件を解決していこうとするニックがカッコよくて痺れました。最後のシーン、ジュディに誘われてニックも警察官になれたみたいで、どこまでもポジティブで元気になれる映画だなと思い、大好きです。

 

 

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.