ディズニーアニメ映画

モアナと伝説の海の感想文

更新日:

『モアナと伝説の海』は豊かな自然に恵まれた南の楽園モトゥヌイという島からお話がスタートします。主人公のモアナは、村長の娘。ある日、モトゥヌイでココナッツが採れなくなったり、魚が獲れなくなるという出来事が起こり始めます。島に伝わる伝説によると、島を囲うサンゴ礁を超えて旅する者が命の女王テ・フィティが失った心を返すと、島は救われるとのこと。それを知ったモアナは愛する島と皆を救うために海へと旅立ちます。

是非こちらの作品は英語版で音楽を楽しんでほしい!のですが、中でもここを見てほしいというポイントがあります。それは、主人公のモアナが、マウイと言うかつての偉大な英雄との出会う場面です。彼は物語の核を占める出来事により力を失ってしまっているのですが、陽気で力強く、そしてどこか繊細なキャラクター。その彼が歌う、「Welcome」が最高に良いです。初対面でこの曲を歌い出すマウイに対してモアナは「なにこの人?」と、最初怪訝に思っているのですが、歌を聞いているうちに、途中から笑顔になってきてしまうのです。でもやっぱりマウイは変な人で、最後には「なにこの人!」と、なるところも楽しくて見返すたびに笑ってしまいます。元気がでるので本当におすすめです。

 

海が好きな子供たちが見たいといったので、一緒に見に行きました。そうしたらむしろ私の方がはまってしまった感じです。モアナはディズニープリンセスで初めてのキャラクターでないでしょうか?子供、でもとても意志が強いしたくましい。そして海をもがきながらも探検していく姿は見るものを魅了させます。マウイとの友情・信頼関係をはぐくんでいくところも素敵だなと。子供たちも尊敬しあえるそして相手と高め合える存在の友人を見つけてほしいと思いました。映像もきれいなので海の様子を見ているだけでも落ちつくし、ワクワクします。海での怖いシーンもあるので、「海は楽しいだけでないよ」というのを子供たちに伝えてくれたのも親としては良かったです。

 

全体的に印象に残っていることが、まるで「アナと雪の女王」を意識したかのように、主人公の恋愛シーンが一切ないことです(基本的にディズニーではラブストーリーが描かれることが多いため)。
恋愛シーンがあるとドキドキ度がアップしますが、そういうシーンがなくてもやっぱりディズニー映画は面白いです。
1番のお気に入りのシーンが、マウイを探しに航海に出たモアナの船に、モアナの飼っている鳥・ヘイヘイがいて、セリフはないのにヘイヘイのコミカルな動きには笑いました。
少しシリアスなシーンにもこういう笑いを取り入れてくるのが、子供達が飽きないアニメ映画を作り続けているディズニーらしい技だと感じます。
先住民たちの暮らしがちょっと覗けるのも勉強になる映画です。

 

エメラルド色の波の光や、青く澄んだ空がとても印象的でした。
しかも、ディズニーらしいキャラクターが沢山、登場していましたね。

ここで、一つ考えてみたいのですが、ディズニーらしさとは何でしょうか?
作品のテーマが夢?希望?冒険?ファンタジー?それとも、突然踊りだしたり、歌ったりする事でしょうか?
それも一理あるかもしれませんが、私が思うディズニーらしさとは陽気なキャラクターではないかと考えています。

これらの陽気なキャラクター達は、劇中で主人公が落ち込むシーンであっても奮い立たせ、時には背中を押したりします。
今回の「モアナと伝説の海」では「マウイ」が陽気なキャラクターでした。
ディズニーの新作映画を見るたび、陽気なキャラクターを探しながら見ると、映画がより一層楽しむ事ができます。

 

ディズニーの最近のミュージカルアニメの中でも歌がとても良く、メインテーマの主題歌が好きです。日本語版の歌が素敵で、狭い世界を飛び出していこうという、ディズニーの描く強い女性の主人公のメッセージ性も強く感じます。ポリネシアの文化を織り交ぜたストーリーも面白く、楽しく安心して見ることができます。モアナのおばあちゃんのエイのマークのシーンには考えさせられるものがあり、印象的で思わず泣いてしまいました。キャラクターではニワトリのヘイヘイがコミカルで大好きです。ヘイヘイが出てくるシーンではいつも笑ってしまいます。子供から大人まで、誰でも楽しめる作品であり、歌だけでもとても素晴らしいものばかりだと思います。

 

閉鎖された島という空間で育ったモアナが独り立ちするストーリーです。年齢の割に大人びたモアナと、子どもっぽいマウイの掛け合いがとても面白いです。無謀とも言える旅をして、その中で成長していくというのはディズニーにはありがちなのですが、モアナはもともと芯が強くたくましい女の子です。そんな女の子が、マウイという未熟な神様を助けて成長を手伝うというのが印象的でした。モアナは元々強くて長になっていけるような女の子だったけれど、旅を経てさらに強くなったという印象があります。特に祖母が亡くなるというのは、モアナにとってかなり重要な成長ワードだと思いました。マウイの神様とは思えないお茶目な雰囲気が好きです。英語版も日本語版も観ましたが、サントラは日本語版が良かったです。

 

ストーリーが子供にはやや難しいのではないかという印象でしたが、冒険をしていくというストーリー展開はわかりやすいのでドキドキしながら楽します。そしてマウイのキャラクターが面白いので笑いながら見られるシーンも多々組み込まれていました。ストーリー上最後の展開が以外なので、大人が観ても予測できない面白さがあります。海の水の映像がキレイで、自然の大切さを改めて感じた映画でした。少し内容が深いので考えさせられる点も多々ありました。自然界の神々の不思議というものが本当にあるのではないかと思ってしまう。そんな映画です。島のために勇敢に叩くモアナとちょっと頼りないけれど、いざという時には助けてくれるマウイそんな二人の物語を是非観て考えてもらえたらと思います。

 

まず初めに、この映画は映像がとても綺麗です。海をテーマにしている映画なので海はもちろん、自然など描かれている背景が綺麗です。
夏木マリ吹き替えのおばあちゃんが変わりものかと思いきや、1番のキーパーソンで、小さい頃から伝説を継承しようと伝え、大きくなるとモアナの心にある気持ちを1番にくみとり背中を押して海の向こうへ導いてくれ、モアナが挫けそうなときエイになり登場しモアナに優しく語りかけて先に目指したいものを気づかせてくれていました。
目に見えない敵に立ち向く勇気や
村長として村人を守らなければいけない使命感、
しかし親目線では、分かっていても子供を危険なめに合わせたくないという親心などさまざまな角度から見ても楽しめる映画だと思います。

 

島の女の子であるモアナが、女神の心を戻すために旅に出るお話でした。半分人間・半分神であるマウイを探し協力して女神の心を戻しに行きます。物語でモアナは村長の娘であり、その祖母に『お前は選ばれた娘だ』と言われて旅に出ます。この映画の一番の見どころは、マウイとモアナのやり取りが痛快でありながらも、友情を育んでいっているようなシーンだと思います。海がモアナの協力をしてくれるあたりもほっこりします。映像がきれいで、こんな島に行ってみたいと思いましたし、最後の女神が山に戻るシーンの美しさも素晴らしかったです。物語より有名になったかもしれない主題歌がまた心をつかみます。モアナの勇気と元気とポジティブな様子がグングン主題歌に乗って伝わってきます。私の中ではこの主題歌なくしてはモアナの物語はないと言っていいほどお気に入りです。

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.