ディズニーアニメ映画

ノートルダムの鐘の感想文

更新日:

最初のオープニングの曲がオペラの感じで迫力がありました。始まりという感じがしていまhした。でも、部屋の感じがアラジンに似ていて同じように思いました。自分の家に大きな鐘があって最後に綺麗な景色を見れて夕焼けってロマンチックだと思いました。怪物だからと言っていましたが容姿を気にする人ほど優しい人はいないと思いました。みんなに見せ物にされていて血だらけになっていたシーンは残酷でした。昔の人たちは酷いことをするんだと思いました。かわいそうでしたがすぐに自由にしてくれていて助けてくれて手当てもしてあげてほしかったです。怪物と言われているからと言っていましたが心は綺麗そうな主人公だったので純粋そうな感じが良いなと思いました。

 

「ノートルダムの鐘」は他のディズニー映画とは違って、大人向けの映画だと思いました。醜い容姿でもとても心優しい主人公のカジモドですが、作中では何度もひどい目にあって、恋にも敗れて、普通ならもう心が折れてしまいそうな人生なのに、それでも愛する人を救うために戦う姿がとてもかっこよかったです。容姿のコンプレックスや、理不尽な差別に負けなかったカジモドから本当に勇気をもらいました。この作品は、いかにもなプリンセスやプリンスが登場せず、悪役であるクロード・フロローの悪事(カジモドへの差別や嫌がらせ・エスメラルダへの歪んだ愛)も現実にありそうなものでした。夢いっぱいの作品が多いディズニー映画ですが、この作品は他とは違うものを感じました。

 

この作品はディズニーアニメの映画ですが、その他のディズニーアニメとはぜんぜん違う雰囲気とストーリー展開で独特の魅力がある映画だと思います。ディズニーアニメでは定番のプリンセスやプリンスなど煌びやかなキャラクターは出来てこず、その代わりに出て来る主役のカジモドは不細工で、そんな彼が夢中になるの女性、エスメラルダはセクシーなジプシー女という設定はディズニーの他の作品にはない設定だと思います。そしてこの映画の中にはファンタジーの世界ではなく、現実の世界で起こりがちな残虐さ、欲望、邪悪さなど心が痛むシーンも多く描かれていますので、他のディズニー映画に比べて感情移入しやすい作品だと思います。そして主役のカドモドが裏切りや酷い目にあった後でも、人への優しさを失っていない姿には感動しました。そしてこの映画の良さは壮大な音楽です。楽しいタッチの音楽もありますが、心を打つ悲しげな音楽もあって心に響きます。またノートルダムの鐘の音も素敵です。それからノートルダム大聖堂内の絵が素晴らしくて大好きです。ちょっとディズニーっぽくない雰囲気の映画ですが、とても良い作品だと思います。

 

ファンタジーながら、現実的な面を感じさせる作品です。
威厳、平和、差別、歪み…

オープニングの歌も、物語に入っていくよ〜感があって好きです。
あそこの曲の音源が欲しいくらいです。
歌といえば、美しいのはカジモドの歌声。ノートルダム大聖堂の上部で歌い回るパート、好きです。

物語自体の展開は重いものなのですが、
カジモドの優しい心と、石像たちのチャーミングさもあり、最後まで見ることは苦になりません。

今のディズニーのイメージからすると、異色と呼べる作品です。
ですがだからこそ、
このノートルダムの鐘がディズニーの作品であることに、大きな意味があると思います。
現実に起こる痛みが、フロローの暴挙によって強く描写されているので、見ていて心が痛むシーンもかなりありますが、
これもディズニー作品の中ではスパイスになります。
一度は見てみると、ディズニーへの印象が少しでも変わるであろう作品です。

 

私は、ディズニー映画が何よりも好きです。そして、映画が好きなでもちろんこの映画を見ました。この映画は、ディズニーらしからぬ題材で難しいジャンルだなぁと感じました。ただ、今までで一番と言っていいくらい、現実味のある映画でした。また、きれいすぎない話の流れが、親近感がわきました。ただ、カジモトが集団いじめに会うシーンは見ていて辛く、いたいたしかったです。そして今の時代みんないじめのこの描き方がどう感じるのかな?と思いました。フロローは、ただただ悪役として気持ち悪さもありキャラがすごくインパクトがありました。一番よかったのは、音楽です。全体的にスッと入り込んできて、心地が良かったです。子供むけではありません。

 

ノートルダムの鐘はすごく素敵な映画です。主人公のカジモドがすごく辛い人生を歩んできたのが観ていて悲しかったです。醜い容姿をしているからって怪物だと言われたり、やっと外の世界に出られてパリで一番醜い男を決めるお祭りでカジモドが参加し優勝したら、ある兵士がカジモドに対しトマトお投げつけたり、カジモド自身はすごく心の優しい青年なのに。この映画はすごく人の醜い部分が出てきたりする部分もあるので、子供がこの映画を見て感じる感想と大人がこの映画を見て感じることはまた違ってくると思います。最後はカジモドが好意を寄せていた女性と結ばれなかったけれど、きっとこの先カジモド自身が新たな道を進んできっとハッピーエンドになるのを願いたい結末でした。

 

どちらかというと大人向けのディズニー作品だと思います。
少し子供には理解しづらいストーリーかなと感じます。
フランスが好きな私にとっては、オープニングから引き込まれてしまいますね。
ノートルダムの鐘は舞台化もされているので、全体を通して音楽が素晴らしいんです。
歌声などもとっても荘厳でオリジナル版も日本版もどちらでもよく見ています。
悪役のフローローがとっても人間くさくて、嫉妬に燃えるシーンはゾっとするくらいです。
差別はいまだになくならないですが、この時代も魔女狩りなどもあっただろうし、見た目で判断されていく様は
見ていて辛いです。
でも生きていれば希望はあるんだよということを教えてくれる、そんな作品です。

 

ディズニー映画には珍しい「差別」をテーマにした重厚名作!
「ノートルダムの鐘」は「リトルマーメイド」「美女と野獣」「アラジン」のディズニー伝説のロマンス三部作の後に登場したフランス文学作品であり、ディズニー映画の中では個人的にベスト1位。完全に他のディズニー映画とは異なる点は「え?これ本当にディズニー映画?」と疑いたくなるような残忍性や、人種差別、ロマンスのハッピーエンドがないのに、ディズニーブランドであるテンポの良いストーリー展開、楽曲の素晴らしさ、ため息が出るほどの作画の美しさは必見です!特に、ディズニー映画が子供っぽくて嫌いな人にぜひ見ていただきたい一作です!

 

ヴィクトル・ユーゴー原作だけあって、楽しく可愛いだけでは無い、大人にこそ見て欲しいディズニーアニメになっています。本当の美しさとは、見た目や、身分や、生まれや育ちではなく、心にあるのだということをダイナミックなミュージカルナンバーに乗せて伝えてくれる作品です。エンディングは、ユゴーの原作よりはるかにハッピーなのですが、他のディズニーアニメと比べれば、少しほろ苦いハッピーであるところも、見どころです。全体を通して音楽が素晴らしく、後に舞台化されたことも納得の名曲揃いとなっています。日本語吹き替え版は、劇団四季が担当していおり、主人公カジモドは、当時、四季の看板俳優だった石丸幹二が演じていて、英語版も日本語吹き替え版も是非、両方見て欲しいクオリティになっています。

 

中学生の時に見て衝撃を受けた、ディズニー映画の一作品です。個人的には、ディズニー史上もっとも深みのある作品ではないかと思っています。劇場鑑賞のあとにビデオを購入して自宅で見ていたところ、一緒に見ていた親が「これは…子供には無理なんじゃ」と呟いていました。確かに、主人公の養父であるフロロー判事が、自分の中にあるエスメラルダへの欲望に苛まれて「あの女を私のものに、それでなければ死を」といった趣旨を歌う場面は、若年層にとってはかなり難解です。大人のドロドロした精神部分をも盛り込んだ、という点で画期的な作品ですが、カジモドのあまりの清さ、愛すべき人間性がより輝く結果となっています。彼の恋は成就せず、そこもまたこれまでのディズニー作品とは全く異なる路線なのですが、こんなハッピーエンドがあるんだ…という、新しい視点を提案された感もありました。とにかく隠れた珠玉作品、といえるでしょう。

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.