ディズニーアニメ映画

ピノキオの感想文

更新日:

ピノキオは小さい頃から見てきた映画で好きなディズニーアニメ映画の1つです。ピノキオはすごく素敵なお話で、ピノキオは神様から命を吹き込んでもらったけれど、悪いやつに吹き込まれて嘘をついたりして鼻が伸びたりします。だけどすごく純粋で心優しいピノキオはいつも一生懸命なので、見ていて応援したくなります。ピノキオの生みの親のおじいさんもすごく素敵な人で、ピノキオのことを本当の我が子のように愛情を持っているのが伝わります。ピノキオがいなくなって探してる最中にクジラに飲まれてしまったのには驚きましたが最後はピノキオも本当の人間の子供になることができて、ハッピーエンドで良かったです。すごく心が温まる映画だと思います。

 

ピノキオは私が小さい頃から大好きな作品です。特にピノキオの鼻が長くのびてしまうところは自分のはなと照らし合わせて長く伸びていないか気になってしまっていたことがありました。今となってはバカなこと考えていたなと思っているのですがこの作品は子供たちにとても良いことを伝えていると思います。ついていい嘘といけない嘘など、子供たちの成長の上で見ていて損はない作品だと思っています。それにピノキオを作ったおじいさんはとても優しい顔をしているのでわたしもあんな優しいおばあさんになれればいいなと思います。優しさやや人に対する心遣いを考えさせられる物語なんじゃないかなと思っています。とても良いストーリーなので何度も見たくなる作品です。

 

ピノキオといえば現代では最早ことわざになっているようなレベルの伝説の物語です。そのことわざの意味は嘘をつくと鼻が伸びるというものです。その通りで嘘をつくと鼻が数センチ伸びるピノキオがどうなるかというのが、この話の醍醐味でした。そもそもピノキオはもともと人形でゼペット爺さんに命を吹き込まれます。そして二人の生活の様子は見ていてワクワクしたり、楽しい気分にしてくれます。そしてピノキオの命の源泉はブルーフェアリーに吹き込まれた正直者になれば人間になれるという祈りでした。生活が進むにつれて少しずつ自立の試練がピノキオに襲いかかりました。そんな時気持ちが弱くなり嘘をつくとペナルティが課せられます。タイムリミットが近づく中でピノキオは真の勇気を振り絞りす。すると本物の人間になるのでした。いい話です。

 

日本だけではなく世界でも愛されている名作がピノキオだと思います。私も子供の頃に親に促されてみましたが、嘘をつくことがいけないのだと言うことを子供ながらに植え付けられた覚えがあります。また、ピノキオが人間として成長していく姿や苦難を乗り越えようとする姿にわからないながらも応援をしていたことを覚えています。また、自分自身が祖父が大好きだったのでピノキオがおじいさんと交流をする姿にも非常に共感を覚えました。
ハッピーエンドでOLアニメとしてピノキオが存在して良かったと思います。なぜなら世界中の子供たちにとって必ず通る道だからです。
良いイメージを持って大人になって読み返す、またはアニメを視聴することができれば良い思い出になると思います。

 

ピノキオで最も、お薦めのシーンは女神様の初登場シーンです。
人形のピノキオに、命を吹き込む仕草には引き込まれました。
このシーンはまるで、本当に生きているようなアニメーションでした。

セルアニメ全盛期の時代で、女神様の登場シーンは周囲の背景や
キャラクターと比べると、キラキラと美しく光っています。
CGのない時代にどんな風に描いたのかが、とても気になるシーンです。

その他にも、劇中に流れる音楽が最高です。
ピノキオの劇中に流れる「星に願いを」は名曲です。

この曲はアメリカで最も権威のある「グラミー賞」を受賞し、世界中で愛されています。
ディズニーの映画のテーマである、「夢は叶う」を象徴した様な曲ではないでしょうか。

 

ピノキオでやっぱり1番印象に残ったのは、嘘をつくたびにピノキオの鼻がどんどん伸びてしまうシーンです。
子供の頃、このシーンのおかげで嘘をつくことをやめた、というか付けなくなったくらいいやだなと思わされた
思い出があります。それから、ピノキオが大きなクジラに飲み込まれてしまい、それを助けにおじいさんもクジラに飲み込まれるシーンです。クジラのお腹の中でふたりは再開します。この不思議な世界観に、引き込まれてしまいます。
ディズニーは世界観が不思議です。ここでは、常識こそ通用しないんだよ、って言われているみたいな気持ちになるので、
むしろ好感と自由な感じがすごく好きです。ピノキオは愛嬌もあってかわいいので、キャラクターとしても好きです。

 

この映画で私が印象的だったシーンは、J・ワシントン・ファウルフェローというキツネにそそのかされて、劇場へと連れていかれるシーンです。このキツネが軽やかに ハイ・ディドゥル・ディー・ディーという歌を歌いながら闊歩するシーンが好きです。
このマーチは聞いていて陽気な気持ちになり、時々口ずさみたくなります。
キツネはピノキオを売り飛ばして金を儲けようとする悪い奴なのですが、私はこの陽気なキツネが大好きです。
口がうまく相手を愉快な気持ちにさせて、悪事を働く姿は見ていて愉快な気持ちになってきます。極悪人というほどの悪人ではありませんが、ディズニー映画はこのような子悪党にもいいキャラがいっぱいいて、その中でもこのキツネは特にいいキャラだと思います。

 

幼少期に見た映画ですが割りと怖い映画だなって印象を持っていた気がします。ピノキオは割りとショッキングなシーンが多いと言うか、ピノキオ自身も少し不気味さがあるなって思います。ストロンボリ一に怒られるシーンや人間がロバになってしまうシーン、鼻が伸びるシーン等々怖いと思う場面が多かったです。最後もくじらに飲み込まれてそこから脱出する展開で最初から最後まで薄気味悪さが続く映画だと子供の時は思ってました。大人になって見直すと、全てはピノキオ自身がまいた種であり、この映画は人生の教訓を学べる映画だなっと印象は変わりましたが、当時は理不尽が次々と襲い掛かってきて不幸な主人公だと思ってました。80年も前のアニメなので古くさい印象はありますが、今見ても全然楽しめる名作だと思います。

 

ピノキオを何度が観た事があるのですが、毎回ハラハラ・ドキドキ・イライラさせられます。
ピノキオがあまり賢くなくて、人の口車にのせられて、気がつかないうちに悪い事をしてしまい、いつも鼻が伸びるというパターンで、イライラさせられる。
ピノキオの鼻が嘘をつくとドンドン伸びてしまうというのが、現代社会にはびこる悪い事を繰り返す人達の事を象徴しているかのごとく、いつもいつも鼻が伸びていますよね。
ピノキオの産みの親であるおじいさんの愛情など気にもかけずに、自分勝手に悪い事をやりたい放題やっていて、いつもいつも何か悪い出来事にぶちあたるピノキオ。
その後には決まって悪さに加担してしまい、悪い事を悪いと理解しておらず、きついお仕置きにあい、少しずつ勉強をして、立派な木製人形から人間の男の子に生まれ変われるまでの感動ストーリーは、最初から最後までハラハラさせられ、ハッピーエンドで肩の荷がおります。

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.