ディズニーアニメ映画

バンビの感想文

更新日:

幼いころに初めて妹と見ました。それ以来、バンビが大好きになりました。まず、とても可愛い森の動物たちがたくさん登場してくるところが魅力だと思いました。どの動物たちも、それぞれとても可愛い魅力があり、個性的です。妹と見終わった後に、どのキャラクターが好きだったか、話をして盛り上がった程でした。また、友情と冒険と愛情を感じられるお話だなと感じました。色々な人が世の中にはいて、人生の中では楽しいことがあればつらいこともあります。でも、必ず身近には家族や仲間がいます。身近にいる人を大切にすること、身近にいる人にきちんと愛情を伝えることをこれからは、もっと大切にしていかなければならないなと思いました。当たり前の毎日を素敵な毎日に変えてくれた作品でした。

 

⇛ディズニー映画を31日間無料で見放題する方法

 

鮮やかな森の風景や小鳥の囀り、動物たちの柔らかい動作など、視覚や聴覚だけでも楽しめるので、幼い子供と一緒に楽しめる映画だと思います。
映画を見た後は、青い空・風の音・花の香りなどが輝きを増しており、子供との外遊びを10倍楽しむことができました。
子供が成長して一人で映画を観た時には、様々な感情が溢れ涙を流してしまいました。
バンビが誕生した日、森の生き物たちが喜びに満ち溢れながら生まれたばかりのバンビのもとへ集まる場面では、我が子が生まれた時にも多くの方が喜んでくれたことを思い出ました。
母親と散歩に出かける場面では、沢山の”初めて”に出会うバンビの姿から、幼かった我が子との出来事を鮮明に思いだし温かい気持ちになりました。
父親との生活で困惑するバンビや、王様としては完璧でありながら子育てに迷う父親の姿をみると、万が一、自分が子育てを出来なくなった時の光景が目に浮かび不安になったことも思い出し、無事に成長してくれたことが嬉しくて涙があふれました。
「生きる」とは喜びだけではなく、苦しみがある。という日常生活で教えることが難しいけれども知って欲しい現実を子供にも分かりやすく伝える映画だと思います。

 

バンビは最初に生まれた当所は非常に可愛らしく、また癒されましたので良かったのですが、ある日に突然お母さんを亡くしてしまうのでした。バンビとお母さんは一緒に出かけて草を食べていた時に、人間の猟銃によって殺されたのでした。本当にこの時ばかりは観ていて思わず泣いてしまいました。しかし、この事がきっかけにお父さんに育てられ成長していくのですが、その際に恋もするのが非常に可愛らしく思いました。また、そんな恋人ファリーンとの間にはやがて子供もでき、物凄く感動的でした。また、更にはお父さんから王位を譲られることになりバンビが王様になるのでした。非常に逞しく見えて格好良かったです。最初の頃とは全然違うようにも見えました。

 

まずは、やはりバンビの可愛らしさがとても印象的です。
軽やかにあちこち跳び跳ねる姿や、つぶらで大きな瞳が、本当に愛らしくて、動物好きにはたまらない作品でした。
ですが、人間の行為が彼らを追い詰めていくシーンは、思わず胸が詰まりました。
この作品は、自然や動物の美しさを訴えることによって、いかに人間が彼らにひどいことをしているのかを教えてくれているようでした。
成長したバンビが、妻のファリーンを救出するシーンでは、彼がもう可愛らしいだけの小鹿ではなく、立派な大人の鹿になったのだということを教えてくれていると思いました。
美しい物語と、優しい音楽の裏には、私たち人間に、命の尊さや自然のありがたさを、やんわりと教えてくれたのだと思います。

 

バンビは映画を知らなくてもキャラクターを知らない人はいないほど有名ですが、映画を観るとイメージが一変するのではないかと思います。美しい映像と音楽でバンビと森の仲間たちの物語が表現されていますが、物語の冒頭から、幼いバンビは人間によって母親を奪われてしまうという悲しみに遭遇してしまいます。日頃親しんでいるキャラクター「バンビ」の物語の中で私たち人間はバンビ達動物を脅かす存在として描かれています。子供が観るアニメ映画でこのようにしっかりと現実を教えてくれることは、幼心に衝撃ではありますが、同時にバンビ達動物の物語は私たち人間と同じく愛や友情、親子、社会で生きていく中での成長を描いています。私たちは人間であれ動物であれ同じく生きて感じ、成長していくのだと感じるとても良いお話なのではないかと思います。

 

幼いながらに見ていた記憶があります。家にビデオがあり、きょうだいで何度も見ていました。正直、小さい頃なのであまり記憶がなく、ただ可愛いイメージの記憶だけがありました。ただ、大人になりふと見たくなったのでレンタルして久々見てみたのです。すると、ただ可愛いだけではなく、人間のおそろしさというか、動物から見た人間界の感じが書かれていて、いろいろ考えさせられました。自然や環境問題で、ぜひいろいろな人に見てほしい映画です。
お母さんが死んでしまったところは、ぎゅっと胸がしめつけられるような、そんな苦しい気持ちになりました。けっこう残酷なテーマを、きれいな映像におさめているのはさすがディズニーです。動物たちは、ただただ可愛いです。

 

森の動物たちがたくさんいて動物たちが話をしてくれていておとぎの国でした。やっぱりディズニーの世界観は良いなと思います。バンビが生まれたときは最初からいると思っていたので産まれた時からの始まりは子供っていいなと思います。私も早く子供が欲しくなります。小鹿が産まれた時ってプルプルしているところまで表現してくれていて自然のかんじが良かったです。なんでバンビのことを王子さまって言っているのかがわからなかったですが森の中では新しく産まれた子は王子様にしてくれるのかなと思いました。みんなで心配してくれてウサギが仲間に入れて遊んでくれていましたが産まれたばかりなのにジャンプをするのは難しいんだなと思いました。動物はみんなで教えながら他の動物を見ながら成長していくんだと思いました。

 

森の動物たちと一緒に生きるバンビの成長を描いた映画です。丁寧に動物達の動きが描写されており、全体的にほのぼのとしています。しかし、冬のある日、バンビが母親と草原で食事をしている中、狩りにやってきた人間に母親は殺されてしまします。そのシーンは音楽も映像も暗く、悲しく、涙を誘います。加えて物語の後半では、バンビが人間の撃った弾に当たり負傷してしまったり、人間が森につけた火により動物が逃げ回るなど、「バンビ」という映画は、ほのぼのとした動物の映画というだけではなく、動物が生きていくためにはいかに大変かを知ることのできる映画です。なお、バンビの最初の友達となるとんすけ(子ウサギ)がフワフワしていて可愛くて、癒されます。

 

とにかく癒されること間違いなしな映画作品です。
特に最初の方は、みんな子どもなので出てくるキャラクター全部がキュート!
個人的にはトンスケとその兄弟たちが可愛くて大好きです!
もふもふしていて、思わずすり寄りたくなってしまうくらいの動きに、きゅんと来てしまいます。
内容的にはライオンキングのような感じでもあるのですが、この作品の中での悪者は人間です。
そして、成長して恋をしていく姿を見せてくれるだけなので、特に大きな変化はなく、淡々と過ぎていく感じがあります。
でも、最初はみんなただただかわいいだけの動物たちが成長して大人になっていくところは、ちょっと感慨深いものがあります。
トンスケもバンビもみんな相手を見つけて、恋をして行きます。
見ると、なんとなく癒されてしまう作品なので、疲れている人におすすめです。

 

まず、自然の美しさや厳しさを上手に描かれているなと感じました。
バンビが冬にお母さんと木の皮を食べるシーンや皆が冬眠から目覚め、春が来た事を喜んでいるシーンが印象に残っています。トンスケが足をトントンするのが可愛いかったです。
また、動物達は自然環境や他の動物と上手く調和して生きているのに対し、人間はその調和を自分達が便利な様にだけ、無理やりコントロールしようとしているのではと考えさせられる作品でした。その結果、人間だけが不調和をおこし、地球温暖化等、自らも苦しめられる事になったのではないかと思います。
今一度、地球は人間だけが生きているのでは無い事、今、自らの首も絞めている事を重く受け止め、化学と自然が上手く調和した未来のために行動すべきだと思います。

-ディズニーアニメ映画

Copyright© ディズニー映画大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.